ふるさとメディアラボ

新しい働き方と地域(ふるさと)の研究

TODAY’S NEWS

More

【働く】×【遊ぶ】がここにある!リモートワークのモデル地区!北海道北見市【地域ページ vol.5】

1.北見市とは

どうも、ビジップ株式会社の渡辺です。
ふるさとメディアラボの連載、【地域ページ特集】は楽しんでいただけてるでしょうか?

第5回は、北海道の地域としては2つ目となる、「北見市」について特集します!

1つ目は、vol.2で登場した北海道美瑛町

   ▶『地域商社最先端!美瑛町の独自ブランド、「ビエイティフル」【地域ページ特集vol.2】

 

北見市は、美瑛町よりも北東に位置しており、美瑛町に劣らず様々な食べ物で有名です。
代表的なもので言えば、焼肉・ハッカ・たまコロ、飲む羊羹などがあります。
特に、北見は「焼き肉のマチ」として有名で、2月に外で焼肉を食べるお祭り「厳寒の焼き肉まつり」が開催されるほどです!
(冬真っただ中、平均気温氷点下8度。BBQもびっくりなイベント!)

食べ物ばかりと思いきや、実は今、全国で北見が注目されています。
本記事では、なぜ北見が全国で注目されているのかを解説していきます!

2.リモートワーク・テレワークとは

皆さんは「リモートワーク・テレワーク」という言葉をご存知でしょうか?

「え、いきなり北見関係ないじゃん…」と思った、あなた!
実は「リモートワーク・テレワーク」こそが、北見市が全国から注目されている理由の1つなのです!

リモートワークとは、リモート(遠隔)でワーク(仕事)をすること。
テレワークとは、テレ(tele、離れた場所)でワーク(仕事)をすること。

 

近年「働き方改革」が話題になることが多いですが、北見は全国に先駆けて、この「働き方改革」に取り組んでおり、大きな成果を上げていることで有名なのです!

3.地方の働き方改革

3.1.北見市の取り組み

北見市では、2016年度から総務省による地方創生の主要施策である「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」を実施しています。
そして、この北見市テレワークを通して、「はたらぶ」(【働く】と【遊ぶ】を掛け合わせた造語)を目指ししています。

北見市のテレワークを象徴する3つの取り組みについてご紹介します!

①北見市 × Google

世界的大企業として有名なGoogle。
なんとGoogleもこの北見市の取り組みに参加しており、サービスの実証実験を行っています。
主にクラウド型グループウェア「Google Apps for Work(現在、G Suiteに改称)」、テレビ会議システム「Chromebox for meetings」の2つの実証実験をしています。

北見市は焼肉などの食べ物も有名ですが、冬には流氷を楽しめるなど、自然豊かな地域であることでも有名です。
豊かな自然に囲まれると、クリエイティブな発想も生まれやすいですよね。

②北見市 × コワーキングスペース

北見とGoogleがコラボしたことで、北見には遠隔で働く”仕組み”が整いました。
次はリモートで働くための”場所”についてです。

北見市には、JR北見駅から徒歩3分の場所に「TAYUMANU」というコワーキングスペースがあります。
「TAYUMANU」には会議室やプリンターはもちろん、インターネット設備も充実しており、誰でも使用することができます!
歴史ある北見商店街の中に、「なんだこのオシャレな空間は…?ここは東京のオフィスなのか?」と疑いたくなるスペースがあります。

詳しくはこちらをチェック!

  ▼公式ホームページ
  ▼動画

③北見市 × 学生

遠隔で働く”仕組み”、”場所”。
最後は働く”人”です。

どこでも働くことができる仕組み”が整ったことで、主婦の方はもちろん、今は学生もビジネスをすることが可能です。
もちろん北見市は、学生のためのオンラインインターンシップをすでに実施しており、主に北見工業大学の学生が、東京に本社のある企業でインターンシップをしています。

2016年に北見工業大学は、様々な企業とコラボして同大学の学生を対象とした、短期のアプリ開発、いわゆる「ハッカソン」を開催しました!

 

3.2.他の地域の取り組み

全国に先駆けて、リモートワーク・テレワークに取り組んでいる北見市ですが、北見市以外にも「誰もがどこでもいつでも働くことができる」ための制度作りに取り組んでいる地域は多いです。

​山形県高畠町

廃校再生プロジェクトNPO法人はじまりの学校による、廃校になった小学校を利活用して、大人の学び舎とする取り組み「熱中小学校」

福岡県糸島市

脱東京=>糸島行き。自然共生×クラウドソーシングでつくる、場所と時間にとらわれない地方での新しい働き方、「糸島スタイル」

 

4.最後に

「まだ東京で消耗しているの?:環境を変えるだけで人生はうまくいく」
この言葉はプロブロガー、ライターとして有名なイケダハヤトさんの著書名です。

「働き方改革」の推進が進んでいる中、どこよりも先駆けて、リモートワーク・テレワークに取り組み始めた北見市は、全国で「最も働き方が先進的な地域」ではないでしょうか?

美味しい食べ物、豊かな自然、クリエイティブな発想が生まれるには十分な環境が整っている北見市。

皆さんもぜひ一度、北見市を訪れてみてはいかがでしょうか。

私たちNPO法人学生ネットワークWAN・ビジップ株式会社も北見市の魅力をさらに発信していきたいという思いで、Facebookページによる情報発信を行っています。


NPO法人学生ネットワークWANでは、美瑛町の他にも、Facebookで全国の様々な地域の情報発信をしております。
ご興味のある方はこちら

 

◆連載記事一覧
白浜町で宿泊するならココ!若女将48がいる温泉民宿(望海) 【地域ページvol.1】
地域商社最先端!美瑛町の独自ブランド、「ビエイティフル」【地域ページ特集vol.2】
地域ベンチャーを生む仕組み「起業家養成講座」とは!?【地域ページ特集vol3.】
フォトジェニックな宮古島!時間から解放された働き方!?【地域ページvol.4】

◆こちらの記事も合わせて読みたい!
最近、天草が気になる…そんなときは、このFacebookページをチェック!!
リノベーションスクール@伊万里 【イベント情報】
先駆的働きウーマン前田有佳利さんに聞く「おじいさんとおばあさんは一緒に芝を刈る」

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


関連記事

More
Return Top