ふるさとメディアラボ

新しい働き方と地域(ふるさと)の研究

観光だけじゃないディープな沖縄のいま!【地域ページ特集Vol11】

観光だけじゃないディープな沖縄のいま!【地域ページ特集Vol11】

こんにちは!NPO法人学生ネットワークWANの米澤です。
いや~熱いですね~!! すっかり夏ですね~!!「かなさんおきなわ!(愛しい沖縄!)」

・・・すみません、今回とにかく言いたいのはこれです。
「夏といえば沖縄ではないでしょうか!?」

さて、ご察しの通り、今日のふるラボ地域ページ特集のテーマは「沖縄」です!
でもオススメスポットの紹介はけっこう見飽きてしまった・・・。

そんな方はいらっしゃいませんか?
今日はそんなあなたに「観光だけじゃないディープな沖縄のいま」をお届けしていきます。

『おさらいしよう!沖縄観光』

とはいえ、ちょっとくらい観光スポットも知りたいですよね?
そんなご要望にお応えして、私達WANのメンバーで沖縄在住・沖縄出身の大学生2人が知っているオススメスポットをご紹介します!

 

【ユーグレナモール】

まず最初は離島から。7月のWAN新メンバー・沖縄在住の大学生、新城君のオススメは石垣島!

“沖縄の離島の中でも結構人気で、実際に自分も行きましたが、過ごしやすいです!(本人の声)”

↑写真はここから撮りました:南ぬ島 石垣空港 PAINUSHIMA ISHIGAKI AIRPORT

 

数ある石垣島の観光スポットの中でも今回WANスタッフ米澤が取り上げたいのは
”ユーグレナモール”です!

日本最南端のアーケード商店街だとか。

ここではショッピングが楽しめます!軒を連ねる大小の土産物店だけでなく、サーターアンダギーやフルーツといった地元密着型の商品も購入できちゃうんです!石垣空港から路線バスでアクセスできるので、ふらっと立ち寄るのもいいですね。
——————————————-
ユーグレナモール
石垣空港からバスで約30分。
路線バスで
HP:沖縄観光チャンネル・ユーグレナモール
——————————————-

続いては本島にあるこちら。
WANのプロジェクトに協力してくれることになった沖縄出身の大学生、仲間君オススメのスポット!

【道の駅いとまん】

日本最南端の道の駅で、那覇以南で最も地域物産が集まる場所なんだとか。
※写真はここからとりました:
『たびらい沖縄』

すぐ近くに港があり、隣接された魚市場には常に新鮮な魚が並んでいます。家族連れにもおすすめです。意外と知られていませんが、地元民しか買わないようなかなりコアな商品も多くあり、オススメです。(本人の声)

これぞ地元出身だからこそ分かる、地元の方々の日常に触れられるスポット!
——————————————————————————–
道の駅いとまん
那覇空港から車で18分。
HP:道の駅いとまん内糸満市物産センター 遊食来(ゆくら)
——————————————————————————–

どうです?沖縄には定番スポットだけじゃない、まだまだ飽き足らない観光スポットがたくさんあるのでこの夏は是非沖縄へ!

 

『データで紐解く沖縄観光』

実際に沖縄に足を運んだ方々の満足度も高いことから、もうこの夏の行先は沖縄に決まりですね!

出典:沖縄県文化観光スポーツ部「平成28年度観光統計実態調査 概要版」

そしてなんと昨年度の満足度は平成26年度・平成27年度と比べても全ての項目で向上していました!
きっとあなたの沖縄に行きたい気持ちも高まってきていると思います。

 

『動き出す沖縄―成長戦略構想―』

沖縄県では2015年9月、「沖縄県アジア経済戦略構想」が公表されました。

沖縄県アジア経済戦略構想では、5つの重点戦略をまとめた。

(1)国際競争力ある物流拠点の形成

(2)世界水準の観光リゾート地の実現

(3)航空関連産業クラスターの形成

(4)国際情報通信拠点『スマートハブ』の形成

(5)新たなものづくり産業の推進

という目標の実現に向けて、さまざまな資源を投入していく。

この5つの重点戦略のうちの1つ、「観光」分野では、観光収入1兆円、観光客数1000万人の達成を目指して、さまざまな施策を展開することになっているようです。

 

“欧米旅行客や富裕層では、沖縄の観光・リゾート地としての認知度は非常に低い状況にある。これを伸びしろと捉え、富裕層をターゲットとした戦略的な地域マーケティングや、高級宿泊施設や世界水準のサービス提供事業者を一定エリアに集積させるなどで、受け入れ体制を整備していく。

特に重要視するアジア以外からの観光誘客にも先んじて誘致施策を打っていく方針のようですね。
引用:月刊事業構想 編集部『沖縄県の描く成長戦略 「アジアの中心」で物流・航空機産業育成』

 

『アジアと日本の中心地で産業振興を叫ぶ』

また、沖縄県では、経済特区として成長著しいアジアの活力を取り込んで成長するための特別な施策が講じられ、他県には無い高率(最大40%)の所得控除や設備投資を促進する税制上の優遇措置等が取られているそうです。
↓ここから取りました!
沖縄産業振興公社

 


経済特区の詳細は、沖縄県のHPで確認できます。
沖縄県ホームページ
——————————————-

 

そうした沖縄県の産業振興を古くからになってきた団体の1つが、
【公益財団法人 沖縄県産業振興公社】です。

“公益財団法人 沖縄県産業振興公社は、県内中小企業等の経営基盤強化及び創業の促進に関する事業並びに産業振興に必要な諸事業を行い、もって本県産業の健全な発展に寄与することを目的に、昭和46年に設立された公益団体
(引用)”

活力ある民間主導の自立型経済の構築に向け、県内中小企業のニーズに応えた事業を展開しています。
経営相談や創業支援に積極的に携わり、県内産業を下支えするキーとして活動しています。
公益財団法人 沖縄県産業振興公社

 

執筆者より

いかかでしたか?
沖縄は観光だけではなく、産業の育成拠点としても注目を浴びています。沖縄のことをもっと知りたくなった方は、ぜひ、私たちNPO法人学生ネットワークWANが運営している、『沖縄(Okinawa,Japan)』のFacebookページのいいねやTwitterアカウントのフォローをしてみてくださいね。私たちと一緒にあなたの好きな新しい沖縄を見つけましょう!
『沖縄(Okinawa,Japan)』 Facebook Twitter

WANの支援している地域をもっと知りたい!
地方に閉じている情報を都市部に届けるお手伝い!

◆この連載をすべて読みたい!
『地域を元気にする!答えのない課題を解決するには東京から情報を発信すること?【地域ページvol.9】』
『“宝島”と呼ばれる天草は可能性に満ち溢れている!!【地域ページVol8】』
『移住、ビジネス、インバウンドが熱い福岡市! 【地域ページvol.7】』
『ITで商店街復活?日南市についてまとめてみた【地域ページ特集 vol.6』
『【働く】×【遊ぶ】がここにある!リモートワークのモデル地区!北海道北見市【地域ページ vol.5】』
『フォトジェニックな宮古島!時間から解放された働き方!?【地域ページvol.4】』
『地域ベンチャーを生む仕組み「起業家養成講座」とは!?【地域ページ特集vol3.】』
『地域商社最先端!美瑛町の独自ブランド、「ビエイティフル」【地域ページ特集vol.2】』
『白浜町で宿泊するならココ!若女将48がいる温泉民宿(望海) 【地域ページvol.1】』

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top