ふるさとメディアラボ

新しい働き方と地域(ふるさと)の研究

シェアリングエコノミーを活用して西九州を観光してみた!

シェアリングエコノミーを活用して西九州を観光してみた!

 

5月8日11時50分

<天神バスターミナル>集合

高速バス[伊万里号]に乗り込み、佐賀の唐津市を経由して伊万里市へと向かう!

バスの車窓からは福岡百道浜の高層マンション群、ヤフオクドームと博多湾を眺め、ランドマークの福岡タワーの横を都市高速道路で通り過ぎる。

次第に大きな建物も少なくなり、畑や水田が広がってくる。

古民家がポツポツと目に入ってくる。

伊万里までの道中、シェアリングカーサービス「カリチャオ」の予約を行う。

13時30分

<伊万里駅>

伊万里駅に到着し、そこから3分程歩いたところにカリチャオのステーションがある!

オレンジ色の旗が目印。

13時45分

<カリチャオステーション>

スマホアプリで「利用開始」のボタンを押し、ロックを解除!

使用方法、そして車の傷の具合を確認し、乗車

今回乗車した車は、マツダのデミオ

普段、車に乗っていない私でも、サイズ的に取り回しが楽で快適だった。

14時30分

<幸楽窯>

有田町の幸楽窯へ到着

有田は多くの窯元がある町で、煙突が町中に並ぶ。

幸楽窯では、トレジャーハンティングを行った

その他にも、絵付けや陶芸、そして有田焼の模様のネイルの体験もできる。

17時30分

<伊万里駅>

伊万里駅へ戻る。

車を元に戻し、キズの確認をして、アプリで利用終了のボタンを押すと

15分後に車には自動でロックがかかる。

17時35分

待ち合わせしていた、民泊先のホストの野田さんが駅まで迎えに来てくれた。

駅から宿までの道が少しわかりづらく、また地方では公共交通機関やタクシーも少ないため、とてもありがたい。

道中、少し回り道をしなが町の事についてガイドして頂いた。

18時00分

<ゲストハウスadonoan>

民泊先、伊万里から少し離れ、武雄市にほど近い山に挟まれた静かな盆地にたたずむ

ゲストハウス[adonoan]へ到着した。

ホストの方は写真家なので、専用の撮影機材がたくさん並ぶ。

この日はあいにくの曇り空であったが、天気のいい日は

木の香りのするこの部屋から美しい田園風景を見ることができる。

18時15分

夕食について相談をする

私たちが思いつく地域グルメといえば、伊万里牛くらいだった。

しかし、それは私たちには(金銭的に)少し敷居が高い。

一日遊んで空腹の私たち。

安く、お腹いっぱいに食べられるローカルフードはないかとホストのヒトミさんに尋ねたところ

「ちゃんぽんなんてどう?」

「え、ここにきてちゃんぽん!?」と少し驚いたが、私たちの希望に限りなく近かった。

そして、なんとこのゲストハウスにもシェアリングカーサービス「カリチャオ」があり、

前回と同じ要領でロックを開け、日の暮れかかった道を走りだす。

ちゃんぽんはボリューム満点で、とてもおいしかった

帰りに立ち寄った武雄温泉は想像以上に豪華だった。深夜(24時)まで開いているので、旅行者にはありがたい。

23時00分

ゲストハウスに戻り、翌朝が早いこともあり、そのまま就寝した。

 

5月9日

6時00分

<ゲストハウスadonoan>

ホストのヒトミさんが、朝食を用意してくれていた。

ご近所さんから頂いたというパクチーを添えて

7時00分

ゲストハウスをチェックアウト

最寄りのローカル線の駅まで送迎して頂き、ヒトミさんとはここで別れた。

7時10分

小さな駅で待っていると、

とても映える、一両編成の小さな黄色い電車が走ってきた。

平日の朝であったが、人はまばら

ガタゴトという音と、流れていく車窓の風景がとても心地よい。

8時00分

<唐津駅(鬼塚駅)>

電車を降り、次の目的地へと向かう

SUP体験
たいようアウトドアー! 代表・古川陽進
HP→https://sun-outdoor.jp
✉→livelifepaddleharder@gmail.com


→少し波があったが、インストラクターの古川さんの指導のもと

けがもなく、楽しく朝の海を散歩できた。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top